ジュラルミン 
 
1945年の神戸空襲で市内は丸焼けになったが、元町商店街の
商人たちは不要になった飛行機の部品ジュラルミンを利用して、
自立更生した。現在も役立っている。