宮城道雄の碑
 
 
              宮城道雄は、居留地58番で生まれ、8歳で失明したため琴を習う。
              琴とバイオリンとの合奏の「春の海」は世界的に有名。
              生誕地のここ、記念碑前を通ると琴の音が流れてくる。