第40話 初めて聞く言語
 
 
 連休で人通りが多く忙しい日だった。
 
ご案内の切れ目にひとりの外国人が近づき、「#@&$‥」と、日英仏独伊中韓印ではない全く聞き取れない言葉で聞いてきた。分かりません?とのゼスチャーをしても再び同じ言葉を発する。白人の紳士なので、「エアポート?」「ショッピング?」と聞いたが全く通じない。
 
すると突然、私が持っているシャーペンを取り、正三角形と逆三角形を描いた。「教会だ!」と思い北野地区には10ほどの協会があるので、地図を出して一つづつ指さしていくと、「おおっ」と言ったかは定かでないが、喜びの声を上げた。道順を日本語で説明し、地図を渡すと満面の笑みで歩き出した。
 
三宮駅前でご案内を始めて15年になるが、全く解らない言語で聞かれたのは二人目だった。前回は悪戦苦闘の末、手のひらをやや上向きに上げたらニコッとしたので、空港行のバス停迄お連れしたことがあった。
 
外国人よ、日本に来るときは「モスク」「エァポート」「JR」程度は覚えてもらいたいものだ。 世界は広い。